顎関節 なりやすいクセ

顎関節症になりやすい方のクセや職業

顎関節症になりやすい方のクセは、歯ぎしりのある方、噛みしめクセのある方です。
集中する時に噛みしめている方は、よくいらっしゃいます。
またかつて野球や格闘技をされていた方も噛みしめクセが残っている方がいます。

 

顎関節関連の原因

顎関節症を含む顎関節関連による症状は、一般的によくいわれている原因として、次のものがあります。

ストレス

我慢している時の「噛みしめ」や「食いしばり」、睡眠時の「歯ぎしり」、
ストレスの少ないのではないかと思われる子供でも歯ぎしりをしているのですが、ストレスがあるのでしょうか?

 

日常の癖

スポーツや集中するときに「歯を食いしばって」するクセのある方。
柔らかいものを強く噛み潰さないと気がすまないという方、集中するとき、集中されている時の「噛みしめ」
楽器の演奏も顎への過剰な負担になることがあります。
サックスやクラリネットなどの管楽器。
うつ伏せに寝る、頬杖をつく癖。

 

噛み合わせ(歯並び)の悪さ

虫歯や歯周病やなどにより、片側だけで噛み続け顎の片側に負担がかかり、バランスを崩すこともあります。
抜歯した時にかみ合わせが変わったという方もいたり。
歯列矯正中は首のこりがひどくなる人は時折見かけます。
歯列矯正で歯の並びは良くなったのですが顎関節関連の症状が出たという人もいます。

 

外傷

交通事故、スポーツなどでの顎部分への衝撃やボールがぶつかるなどの打撲が原因による症状。

 

以前お父さんに殴られたという方も、これが原因で顎関節症になられていました。

 

顎の発達

発育不均衡で顎関節に問題が出る場合があります。

顎関節症になりやすい方記事一覧

顎関節症とよくある症状

顎関節症状は、顎関節の痛み・開口不全・顎関節雑音の3つに大きく分けられます。顎関節の痛み(口の開閉時である食べ物を噛むと顎が痛い、話をすると顎が痛い)開口障害(口が開きにくい:指の幅で3つ分以下)顎関節雑音(顎関節円板障害で顎関節がカクカク、ジャリジャリと音がする)顎関節症とともに出てくる他の症状強...

≫続きを読む

 

顎関節症の気になるニュース

2015年2月3日のニュースで兵庫医科大歯科口腔外科学講座の研究グループの発表が紹介されました。興味深いニュースでした。以前から楽器をされている方に顎関節症の方が多いとは言われていたのですが中学生を対象にした大掛かりな調査でした。神戸市内の中学校吹奏楽部員210人を調査し管楽器演奏者の3分の1に症状...

≫続きを読む

 

顎関節症と楽器演奏者の研究を見て思ったこと

先日の兵庫医大の研究は中学生グループの大掛かりな発表でした。幾つかデータがネットで紹介されていました。徳島大学歯学部歯科補綴学第一講座の2010年の調査がありました。徳島大学歯学部歯科補綴学第一講座楽器演奏と顎関節症との関連についてのアンケート調査と検討がありました。https://www.jsta...

≫続きを読む

 

顎関節を悪化させる原因

歯ぎしりや、噛みしめ食いしばりで顎関節が原因の症状は多くあります。そのうち最も多いのが慢性的な肩こり、首の痛みです。そんなのが頑固な肩こり首こりで出るわけがないと思っている方もいらっしゃいます。症状が慢性的になり次のような症状が出てきます。睡眠障害耳鳴り耳痛手のしびれ足のしびれ坐骨神経痛の症状が出る...

≫続きを読む

 

顎関節に悪い習慣

顎関節のトラブルで来院される方が多いが多くの原因は上下の歯を接触させる習慣の方が多い。以前はかみ合わせが悪いと顎関節症になると言われていました。かみ合わせを調節しても良くならないケースはよくあります。顎に負担をかけるクセは、「歯と歯を強く接触させる」です。または噛みしめクセ。歯ぎしりなども悪い習慣の...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ