指圧 按摩

指圧と按摩

指圧として名称が登場したのは新しくて明治時代といわれています。
突然現れたわけではなくその前に続く療法がありました。
按摩という手技と導引と呼ばれる運動法、武術の活法です。

 

 

指圧療法臨床という昭和40年代の日本指圧専門学校の教科書には井沢正先生の著書が紹介されていますが古流按摩が基本となったことが分かります。
按摩は、奈良時代に中国から伝わったといわれています。
明治時代には、西洋医学の導入により、大きく教育制度が変ったことと刺激を受けたことが当時の本などで確認することが出来ます。
アメリカから入ってきたカイロプラクティック、オステオパシーなどのアメリカの整体療法も取り入れられ構築された手技療法が指圧といわれています。

 

経絡按摩・指圧は全身施術を建前としています、がただまんべんなく押したり揉んだりすればリンパの流れや神経の刺激で自然治癒力が適当に働いて疾患が良くなるといったことではありません。
体の不調が単に局部的な障害によって起こるものではなく全体の不調和が歪みとなって現れた状態であると観ています。

 

施術が障害を起こしている部分に対して行われるのではなく全体のアンバランスを整えて補虚瀉実の方法を主眼に行うものであります。
補虚瀉実は、按摩指圧にとってそれぞれ適圧で行われます。
そして全身の適圧よってそれが操作が可能となります

 

当院が行っている指圧と按摩は、補虚瀉実が主体となっています。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ