頭と顔のコリ

指圧・鍼灸で解消する頭のコリと顔のコリ

頭のコリと顔のコリがテーマですが、ここでは顎関節がもとで顔と頭に出来たコリのお話をします。
頭のコリと顔のコリは関連しています。

 

顔のコリは頭蓋骨についていますので頭皮を前後に動かしたり額を引き締めたり眉を上げたり咀嚼したりと毎日フル活動で使っています。
頭の筋肉は表情筋とつながり、頸の筋肉とつながります。
頭だけでも上手に指圧でツボに当たれば首の緊張が取れてカラダがゆるんでくれます。

 

首がゆるむと全体の調子が上がります。
頭痛などはやはり頭のコリが強くなっていますので頸のコリとともに頭のコリをゆるめます。

 

歯ぎしり、噛みしめ、食いしばりでは顔の咀嚼筋と筋肉が付いている頭蓋骨、そして噛んだ時に負担がかかる場所が首です。
顎関節症の方の痛みの特徴は開けようとすると痛みが出現することです。
痛む場所は耳の前の顎関節であったり、その周辺あるいは側頭部であったりします。

 

顎関節の痛みは少しずつ変化します。
始まった当初はじっとしていても痛む自発痛が出ることがあります。
時間とともに痛みが周辺の筋肉に影響し始めます。

 

顎関節を動かす筋肉の緊張は周辺の筋肉の緊張も誘発します。
特に影響が大きいのは首の筋肉です。
首の筋肉は、背骨や胸骨の方に付いているのでその場所に影響が出ます。

 

胸の肋間や噛むときに影響する胸鎖乳突筋は呼吸筋です。
人によっては呼吸が浅いなど息苦しさを感じたり喉のつまり感を感じたりする人がいます。
頭のコリと顔のコリが解消される一番わかり易い効果は全体の緊張が解けることです。

 

 

副交感神経が優位になりますのでストレスでのもろもろの症状改善に効果的です。
このサイトでは顎関節にまつわる症状だけを特に紹介していますが実は頭と顔のツボはちょっと驚くべき効果が隠されています。

 

山元式鍼頭療法というのがありますが、頭の鍼だけで片麻痺や現在では色々な症状改善に使われている鍼法です。
機会があって片麻痺を追試することが出しました。
頭のコリを触診したときに反対側の腕にある手の感覚が生じそれに反してわずかに腕が動きまた違和感が出て驚いたことがあります。

 

 

確かに頭のツボは、脳のどの部分に働きかけているのかは分かりませんが影響があるようです。

 

また眼鍼療法というのがあります。
顔の眼輪筋にアプローチする鍼です。
この治療院でお手伝いしたことがあります。

 

当時多くの患者さんが来院されていましたがこの眼鍼は、中国の先生が統計を取られた通り3割近い方に当時効果を確認しました。
治るという意味ではないですが全く動かない麻痺の患者さんの手や足の動きが出たのを毎日の様に見ていました。

 


頭と顔のツボの効果は確かにあります。
どのように作用するのかは謎です。
脳内地図に影響するのではないかと思うことは多々あります。

 

関連ページ

顎関節 喉のつまり感
東京新宿で歯ぎしり、噛みしめ、顎関節によるよくある喉のつまり感を紹介しています。
斜角筋のコリで息苦しい
東京新宿で歯ぎしり、噛みしめ、顎関節によるよくある症状「斜角筋のコリで息苦しい」を紹介しています。
脇の下の凝りと顎関節
東京新宿で歯ぎしり、噛みしめ、顎関節によるよくある症状「脇の下のコリ」を紹介しています。
鎖骨のコリ 肩こり
東京新宿で歯ぎしり、噛みしめ、顎関節によるよくある鎖骨周り こり解消を紹介しています。
顔のコリ 痛い
東京新宿で歯ぎしり、噛みしめ、顎関節によるよくある症状「顔のコリ 痛い」を紹介しています。
咽喉頭異常感症 整体
東京新宿で歯ぎしり、噛みしめ、顎関節によるよくある症状咽喉頭異常感症を紹介しています。
頭のコリ
東京新宿で歯ぎしり、噛みしめ、顎関節によるよくある頭のコリを紹介しています。
顎関節症 鍼
東京新宿で顎関節症による胸鎖乳突筋 顎関節の調を紹介しています。
歯ぎしり 首筋 鍼
首が締め付けられるような首コリによるよくある症状を紹介しています。
噛みしめ 脇の下
歯ぎしり、噛みしめ、顎関節によるよくある脇の下での症状を紹介しています。
顎関節症 めまい ふらつき
東京新宿で歯ぎしり、噛みしめ、顎関節によるよくあるめまいとふらつき症状を紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ