咽喉頭異常感症 整体指圧

咽喉頭異常感症・喉のつまり感と指圧

咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)という症状があります。
喉に異常感があり医療機関で検査しても検査値の異常や器質的病変がみられないものをいいます。
東洋医学では昔から症状で「梅核気」(ばいかくき)と呼ばれています。

 


来院される患者さんは次ように訴えます。

 

喉に何かつまっている感じ
喉に何かがひっかかっている感じ
喉に塊りがある感じ
喉がふさがる感じ
胸がつかえる感じ

 

来院される方は、年齢もいろいろですが、最近多い方は首肩の頑固なコリです。
首こりで出てくる症状の一つに「喉のつまり感」があります。
梅核気とも呼ばれるこの症状は梅の種くらいのものがのどに詰まった感じして気になってしかたがないというものです。

 

 

ストレスやイライラが原因であると言われています。
どうしてストレスやイライラがあると喉が詰まるのでしょう?
咽喉頭異常感症、喉のつまり感に多い方の共通した状態に首のこりがひどいというのがあります。

 

 

このコリが喉を圧迫しているのではないかと私は思っています。
首こりの処理がうまくいくといい確率で症状が改善します。
ストレスやイライラがあると首に力を入れる動作をしている方が多いのです。

 

まずはこれに気がついて圧迫しているであろうツボに指圧や鍼をしてコリを解消します。

 

初めは、喉にあるつまり感として感じて耳鼻咽喉科を受診するのが普通です。
検査してもらった結果、異物は見つからない。
漢方を知っているドクターは、半夏厚朴湯という漢方薬を処方する方もいます。
首こりがひどいと症状が出ると知っているドクターは指圧や鍼灸を奨めてくれます。

 

心療内科や精神科・神経科の受診し、はじめて「咽喉頭異常感症」という診断名が下されて抗不安剤であたり精神安定剤などが処方されます。
薬の前に是非試してほしいのが、指圧鍼灸という治療手段である。
数回で構いませんので試してみてください。

トップへ戻る