顎関節症 よくある症状

顎関節症の方によくある症状記事一覧

顎関節 喉のつまり感

喉に何かが引っかかってる感じがして咳き込んだりするエヘン虫喉に小さいボールがあるような感じのする喉の異物感とつまり感。喉に玉のような物があるような気がする。飲み込みたいけど飲み込めない感じが強いなどこの症状は昔からあり梅核気と呼ばれてもいます。梅干しの種が喉のあたりに引っかかるという症状は昔からあり...

≫続きを読む

 

斜角筋のコリで息苦しい

斜角筋は、首の胸鎖乳突筋の下にある筋肉です。前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋とあります。第2頚椎?第6頚椎から鎖骨、第2肋骨にあり肋骨を持ち上げたり首を屈曲させたり、呼吸の時に使われる筋肉です。この筋肉が注目されるのはむち打ち症などで痛めた時、過緊張を起こしそのまま安定したりします。歯ぎしり、噛みしめ、...

≫続きを読む

 

脇の下の凝りと顎関節

肩こりで脇の下がコルと教えてくれたのは、開業して間もない頃でした。最初ご主人から「脇の下は凝るのか?」と質問されて「どうなんでしょう?」と答えたのを覚えています。脇の下を揉んだり指圧したことがなかったのです。肩こりの定番の筋は腕を丁寧に指圧やモミを加えます。腕の付け根が脇の下というのはあのますが、全...

≫続きを読む

 

鎖骨のコリ 肩こり

肩こり・首コリの解消に効果的なツボはどこだろう?と探してみるとポイントの一つは鎖骨や近辺の胸筋に強いコリが残っています。多くの症状の一致点は頸にあるコリ感。※全くコリ感がないという方もいらっしゃいます。触ってみるとひどいコリなのですが本人の感じはありません。頭痛などの症状が出てコリに気がつくというタ...

≫続きを読む

 

顔のコリ 痛い

顔がコリで痛いという方がいます。それは表情筋がコリ硬くなっているからかもしれません。表情筋が硬くなってしまうのには、次ような原因が考えられます。表情筋の疲労職業的によく見られる方は、サービス業の方やパソコン作業の方です。神経を使うような職場であればこれも表情筋は疲労します。疲労すると筋肉は、こわばっ...

≫続きを読む

 

咽喉頭異常感症 整体

咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)という症状があります。喉に異常感があり医療機関で検査しても検査値の異常や器質的病変がみられないものをいいます。東洋医学では昔から症状で「梅核気」(ばいかくき)と呼ばれています。来院される患者さんは次ように訴えます。喉に何かつまっている感じ喉に何かがひっ...

≫続きを読む

 

頭のコリ

歯ぎしり、噛みしめ食いしばりのクセは、咀嚼筋を疲労させます。咀嚼筋は、4つの筋肉から成ります。咬筋〈こうきん〉側頭筋〈そくとうきん〉外側翼突筋〈がいそくよくとつきん〉内側翼突筋〈ないそくよくとつきん〉特に頭の横についている、こめかみ一体の筋肉ですが側頭筋で顎を閉める時に使います。このタイプの頭痛で薬...

≫続きを読む

 

顎関節症 鍼

顎関節症の治療は、口腔外科や歯科医院では薬物療法での鎮痛、精神安定薬やスプリント療法という柔らかいマウスピースのようなスプリントよって顎関節の整復や緊張の強い咀嚼筋の緊張緩和のために使われます。また歯と歯の接触し続けている状況の緩和を図ろうとする方法で治療します。鍼灸は、併用すると早く改善されます。...

≫続きを読む

 

歯ぎしり 首筋 鍼

歯ぎしりの強い私の子供がいます。小さい頃から歯ぎしりをしています。ガリッガリっと毎晩歯ぎしりをします。時折首に鍼をしてと近寄ってきます。確認しますと歯ぎしり・噛み締めトリガー4点が強いコリとなっています。いつもでしたら指圧の持続圧法でゆるめていきます。この日は、「喉が締められるようで辛い」というので...

≫続きを読む

 

頭と顔のコリ

頭のコリと顔のコリがテーマですが、ここでは顎関節がもとで顔と頭に出来たコリのお話をします。頭のコリと顔のコリは関連しています。顔のコリは頭蓋骨についていますので頭皮を前後に動かしたり額を引き締めたり眉を上げたり咀嚼したりと毎日フル活動で使っています。頭の筋肉は表情筋とつながり、頸の筋肉とつながります...

≫続きを読む

 

噛みしめ 脇の下

肩が痛いと相談がありました。チェックしてみると五十肩ではありませんでした。全身イラストにチェックしていただくと腕と方の付け根にチェック。ここにチェックされる方は少ないのです。どちらかというと肩首にチェックされる方が多いのです。キーボードの位置に違和感を感じ気になるとのこと。以前ジャズピアニストの方が...

≫続きを読む

 

顎関節症 めまい ふらつき

解剖を見てみると顎関節は内耳と隣接しています。体の平衡感覚は、内耳にある平衡感覚の受容器が中心的役割をしています。これが正常に営まれている時は問題ありませんが、異常な刺激が加わり、受容器に障害が起こり、中枢の制御機構が乱れ平衡障害が生じると考えられている。これがこのタイプの“めまい”の原因です。顎関...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ